今日もご機嫌さん ^^

ちょぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長のブログ

*

#636 山口下関ツアー その1

      2017/10/07

暑すぎず、でもピッカ〜ンなお天気に恵まれ、
念願の山口下関ツアーがスタートしました。

アテンドは、地元で企業再生などされてる戸田さん!

運転は、私 ^^;

この日の為に、愛車ベンちゃんの後部シートを久しぶりに装着、4名でのツアーです。

最初の目的地は、角島。どうです、この景色。
数年前に橋ができたおかげで、今やこの景色見に観光客がわんさか ^^

なので、朝8時出発で早めに到着したのでした。

この写真を撮った場所も、戸田さんがこそっと案内してくれたビューポイント。
さすがにここは人が少なかったのです。

この後橋を渡って(無料なのです!)島に上陸。ぐるっと回ってきました。

お昼ご飯は、地元のおばちゃん達がされてるレストランへ。

なんともローカル感たっぷり。

しかし、まだ11時過ぎだというのに、早くも限定30食のランチは
私たちで完売!!!

そりゃ、この内容、このボリュームでお得すぎます。

3人はビールで乾杯。どうぞどうぞ ^^

11時半には満席で、恐らく5回転くらいしそうな勢い。
Vもけっこう抑えられてるし(キーワード:ずるい)、木金土日の営業。TOC的にも配膳のスピードアップの工夫が見られる。やるな〜おばちゃん達 ^^

お腹いっぱいになったところで、次に向かったのは川棚のクスの森。
森といっても、実は1本のクスの木なんだけど、その樹形がまるで森みたいということからクスの森と呼ばれてるそうです。

ほんとだ。あまりにでっかくてこんもりしてて、森みたい〜 ^o^

まさにスピリチャル満点。
木陰に入るとひんやり。これは知らなんだ。

精霊がいそうです。
トトロもまっ黒クロスケもでてきそう ^^

そして、少し足を伸ばして、舟郡ダムへ。
ここから海も見える、またしてもいい場所です。

周囲1.5kmとちょうどいいランニングコースになってるし、普通のダムの壁はコンクリートなのに、ここは茶色の石畳な感じになってます。
こんなところでのんびりしてたいもんです。

そして次にきたのが、前衛的な建物!コルトーホール。


世界的ピアニスト、コルトーとの物語がなんとも。

ホールも素敵ですが、資料館もこんな感じ。

配線までも魅せる作りが、かえっておされです。

こんなカジュアルなホールが近くにあったら、いつも演奏会やイベントで盛り上がりそう ^^

川棚と言えば、瓦そば ^^
元祖たかせを横目で見ながら、せっかくなので本州最西端へゴー。

はい、ここでも記念にパチリ。

そしてコーヒータイムのお時間です〜。
今回ツアーには必ず行きたかったカフェ「craftsman cafe」

なるほど、こういう作りになっていたのね。

まるで東京にあるような、おしゃれで今どきな、そして焙煎機やグラインダー、マシンなどかっこいいこと。
インスタでも人気なのがわかる〜。

スタッフさんに話しを聞くと、1日8時間、1ヵ月間、ラテアートの練習をしたそうです。
そりゃ1日2杯いれるくらいじゃ上達しない訳だ ^^;;;

こちらをよくご存知の戸田さんから、サプライズなお土産をご用意いただいてて、なんともうれしいクラフトマンカフェ体験でした ^^

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

最新記事 by 得居 裕江 (全て見る)

 - petit-happy collections, 学び、覚書