今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

#736 子どもの可能性がリュックの中に ^^

      2018/11/08

たくらみ屋の子ども商店プロジェクト in小倉が終わってからの懇親会にて。

小学校3年生のゆうしくん。

なんでも趣味が発明なのだとか。

 

この頃の発明はペットボトルの蓋に押しピンをつけて、コマにするんだって。

ペットボトルに蓋をつけた状態でこんなんして回してコマにする。。。
なんて一通り説明してくれたら、リュックからだしてやって見せてくれました。

持ってきてるし ^^

 

しかし、ちょっと針の位置が中心からずれてるみたいで、うまく回らない。

すると、リュックから定規をだして中心を図って押しピンの位置を修正。

私もやらせてもらいましたよ。回った回った!
いや〜、ペットボトルでこんなことできるなんて ^^

 

さらに、リュックからだしてきたのはモーター!!!

えぇっ!モーターなんてもう学校で習ったっけ?

いえいえ、自分が興味を持って調べて部品を買って作ったのだとか。まさに発明品。

 

しかし、これもどーもうまくいかない。

 

するとゆうしくん、またリュックをゴソゴソして、中からドライバーを取り出して、モーターを調整。

ってか、ドライバー持ってきてるし ^^

うまく調整できて回り始めると、ゆうしくんいろんなことを話す話す。うれしそうに夢中で ^^

 

お母さんが「あんた何もってきたの?」ってリュックを覗くと

まずでてきたのが、土台付きのセロテープ!(重かったでしょう〜)

ガムテープもあるし、プラスチックのコップにロール紙、砂時計に
なんと金槌まで!!!

そして、先ほどの押しピンを安全に運ぶために工夫してたのも見逃さなかったよ ^^

まだいろいろありそう〜 ^^

もう一同びっくり!!!

きっとアイデアを思いついたら、すぐに試したくなるんだよね。

 

お母さんも、こんなうれしそうに話すゆうしくんを見れてとっても嬉しかったって ^^

 

ゆうしくんのリュックには、ものすごい可能性が入っていたのでした ^^

感動したよ。

 

 

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - petit-happy collections, たくらみ屋