今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

東方見聞録 学習ツアーvol.1 5日目 マカオ~香港その1

      2017/12/09

5日目は2月14日です。
つまり旧暦のお元旦。

img-14

さっそく霧雨に煙るマカオを散策。

P1010282

P1010285

ところどころにポルトガルチックなものがあります。

img-15

聖ポール天主堂跡は過去の大火で石造りの壁だけ残っています。
今にもパタンと倒れそうな・・・。

img-16

その前の階段では、獅子舞?ん?違うね、竜舞?の準備中。

じっと待っていましたが、どうも始まる気配なく
タイムテーブルを持ったメディア関係らしき人に聞くと11時からというので、あきらめて移動しました。

P1010318

広州、マカオ、香港のお菓子といえば、エッグタルト。

P1010322

P1010321

おいしいのです、とっても。
あつあつはさらに格別です。

P1010333

店頭で作っているのね。

P1010331

1日、どのくらい作るんでしょうか。

img-17

あちこちで見かけた、味付けお肉を平たくして乾燥させたもの。

img-18

フカヒレ買う日本人いるのかなー。

img-19

よく見ると、ちょっと残念なものも。

img-20

大阪屋は、残念ながらお正月休みということです。

img-21

日本風のパッケージだと売れるんでしょうか。
日本語表記のパッケージ、いろんなところで見ることができました。

img-22

こっちも脱力系でよろし・・・。

img-7

きたーーー。(^^;)
ジュスじゃないよシュースですよ。

なんでジュースの写真、逆さまにするかなー・・・

img-23

セナド広場は、ポルトガル統治時代のマカオ市政庁の正面にあります。
特設ステージが設けられていました。

img-24

もう華やかなこと、このうえない!

img-25

広場を囲む建物は、旧マカオ市政庁,郵便局,観光局,仁慈堂で、どれも典型的なヨーロッパ式の建築様式を持っており、異国情緒満点です。

P1010360

あ~れ~、播磨さんの頭が切れちゃってる。
では、こちらでお許しを(^-^)p

P1010359

んー、カメラマンの腕いいしσ(^^)

またまた近くで爆竹の音。
なるほど、ここでやったのね。

img-26

後片付けも半端じゃありません。

すごいねーと話していると

「もう少し早く来たらよかったね」となにげに日本語。

img-27

なんと!

ここでMr.Z氏の知り合いに遭遇。
6年ぶりだそうです。

この方、マカオで旅行会社を経営する傍ら、日本人会の会長をされているそうです。

お昼になって、フェリーターミナルで14日の帰国の飛行機がとれた成田組とお別れ。
ここで、一旦東方見聞録 学習ツアーは終了です。

私たち福岡行きと関空行きは、14日の便がとれずに香港居残りになりました。
そりゃそうです、お正月なんですから(^▽^;)

旅の醍醐味は、サプライズな出来事との遭遇。

img-28

このフェリーターミナルで、前に並ぶ青年が声をかけてきました。

一人でマカオ旅行の下見に来ている。4泊した。
起きたら10時すぎていて、予約していたマカオ発関空行きの飛行機に間に合わなかった。

今日中に帰国したいので、今から香港空港に行ってみる・・・。

しかし彼が並んでいる列は、飛行機のチケットを持った人しか乗れない香港空港行きのフェリーのカウンター。

そこで我らがMr.Z氏、あちこち電話して最終的には香港発JALの成田行きの深夜便の予約をしてあげてました。

今起きて飛んできましたことを証明する寝癖のついた髪と、蒼白な表情がすべてを物語っておりました。

そんなこともありながら、彼と共に
私たち居残り組は、別のフェリーで、いざ香港へ。

P1010389

むっちゃ揺れて、寝るが勝ちの宮崎さん。

P1010390

へへ、播磨さんも寝てるし。

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - 昔のブログ 2004~2010