今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やお仕事のことなど、日々を綴った社長ブログ

*

#259 PhotoshopCCの悩み解決!^^

      2017/10/15

f:id:petit-happy:20151117225705j:plain

このMacBookにしてから、Photoshopでの画像の表示が、半分くらいになって(100%なのに)

これでは作業できんやんと、かなり困ってて
調べてもわかんないし。。。

先日の北九州ECラボで、デザイナーのお友達にMac持っていって聞いたところ
定規がデフォルトでmmだから、pixelにしたらいいのよ、と教えてもらったけど

やっぱりまた元にもどってて。。。

 

さっき、躍起になってググって調べたら、

 

あったーーー!

同じ症状で悩んでいた人の書き込みが。

 

そういうことか!

このMacBookがRetinaディスプレイで、PhotoshopCCを使っちゃってるもんだから
だからちっちゃく見えてしまったって。

CS6からRetina対応になってたんて。知らなんだ。

 

——————————-

MacのRetinaディスプレイというのは、簡単にいうと
「実際のサイズの4倍分見えるようになった」ディスプレイです。

5cm×5cmサイズの画面に20cm×20cmのものをギュギュッと縮めて見せてるようなかんじ。

要するに、大きいものが小さく見えるようになるということ。
それにより、大きい写真は小さくなるのですごく美しく見えるようになるし、
大きいデザインデータを俯瞰してみるのも容易になったのです。


 

へぇ〜、へぇ〜、へぇ〜 ^^

なんてわかりやすい説明だこと♪

 

で、解決としてはPhotoshopだけRetinaを切ればいいんて。

つまり、こういうこと。

Photoshopの「情報を見る」を開いて、低解像度で開くにチェ〜ック!

f:id:petit-happy:20151117231556j:plain

これで、このMacちゃんでも、そのまんまのサイズで表示されるので

無事に画像加工だの作業ができる訳です ^^

はぁ〜、すっきり!

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。2020年11月、クラフトチョコレートのお店チョコロンブス開業。バルーンアートが得意なチョコレート職人 ^^

 - petit-happy collections, 学び、覚書