今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

#74 自分たちで考え自分たちのために働く

      2017/12/10

f:id:petit-happy:20150528230624j:plain

今日のカンブリア宮殿、おもしろかったですね〜。

株式会社ねぎしフードサービス
牛たんねぎしさん。

備忘録として、ここに残しておきます。

まず紹介されていたのが、普段のお店の様子。

女性客が寒そうな仕草をしていると、声をかけて、空調の温度を調整
女性客のテーブルには、小声で「おかわりどうですか?」→頼みやすい ^^
男性客が電話でお店の外にでたら、ご飯とスープ温めましょうか→感動

f:id:petit-happy:20150528231036j:plain

究極の企業戦略は「親切」
親切が評価基準。

お客様の声で名前が書かれていたスタッフには「親切賞」

「思い」があってスキルが生きる

f:id:petit-happy:20150528231113j:plain

従業員の意識改革 やらされ感の改善

自分たちで考え自分たちのために働く店

「焼き士」認定制度

店長が他所のお店の清潔度をチェックするクリンネルコンテスト
→現場のやる気が違う

いろんな問題がおこったことをもとに、店長達がルールを決める

年一 銀行、取引先を招いて行う 経営指針書発表会 店長が行う

【ね軍団】
新宿路上ゴミ拾い(月1度)
会津で田植え

→交流目的 →仲良しチームワーク

バイトが足りない時 他店へヘルプ要請

アルバイトの22% 中国人スタッフ
懇親会で悩みを聞く 中国語の社内報
→働きやすいと優秀な人材が集まるようになった

人の成長が先
日々の成長があって、会社が成長する

大和芋 感動のチームワーク

種芋から1個しかできない(生産性悪)→後継者問題、あと何年できるかわからない

農家さんと直接取引
ビジネスパートナー以上の付き合い(農家との強い信頼関係)

とまぁ、こんな感じで

非常に人の成長ありきの会社経営のお話が興味深かったです。

このタイミングで、いいお話きけました ^^

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - petit-happy collections, 学び、覚書