今日もご機嫌さん ^^

ちょぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長のブログ

*

#686 言葉にできないこともある

   

久しぶりに、大阪のたくらみベースに行って来ました。
もう1つの会社「たくらみ屋」の拠点です。

 

このたくらみベースで「第2回 たくらみフェスタ」を開催いたしました。

スピーカーは、聴力障害があり、補聴器をつけたダンサーかのけんちゃん。

完コピのキレッキレのダンスも披露してくれました。

 

そしてその母むつこさん。

お会いした時の、低いトーンでたんたんと話される、それがとっても面白い視点。
今回もそうでした。

すべてが繋がっているという「ツナギスト」


最後は、学生時代の事故で車椅子生活となった馬島さん。
パラリンピックの銀メダリストです。

保健室のおばちゃんの、3年越しのおせっかいな(笑)「やせなさい、車椅子バスケの人紹介するから」という助言から始まった現在。

そして、自分が頑張るだけでは成果はでない。他喜力なんだというお話。

 

こんな講演会、今まであったでしょうか。

最後、まとめの話してねと無茶振りされたときに

「いや〜、言葉にできませんよ」って素直に言いました。

 

それでいいからって言われたけど、結局ベラベラとしゃべったような ^^;

 

いい話というか、深いというか、魂の話というか、とにかくよかったんです。

飾りたててない、本音の本気のお話が。

じわ〜ってくるくる。

 

たくらみベースがあったかい空気に包まれた、そんな1日になりました ^^

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

最新記事 by 得居 裕江 (全て見る)

 - petit-happy collections, たくらみ屋, 学び、覚書