今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

#928 保存版!子どもに学んだMG ^^

   

先週末は、大阪での家族MG。

小学5年生1人、6年生2人と大人、2卓での開催でした。

今回は全員経験者。1日目もあっという間に終わりました。

 

さて2日目の朝の講義、いつも行う利益感度分析は確かにとてもすばらしいものだけど、子供はすぐに応用できないし、さてどうしましょうと思っていたら

そうだ!あのツールがあった ^^

ということで、みなさんへ課題をお出ししました。

 

題して「世界一安くて美味しいプリン屋さんを救え! ^^」

正解はありません。

この困ってるオーナーパティシエさんの現状を説明し、皆さんからこんな風にしたらどうですか?とアドバイスしてあげて欲しい。

いろんなアドバイスの中から、どれをするか決めるのはオーナーパティシエさんだから、どんなことでもいい。

 

まずは一人一人、考えてもらいます。

私は以前バルーン教室などで、子ども達にゴム風船についての話をしていましたが、この時の聞き方も「わかる人〜」ではなく「こうかなと思うことを教えてください」。

そう、正解を求めるのじゃなく、話し合うためのいろんな考えを聞くやり方。

それは今回も同じ。

一人一人考えたら、次は卓で話し合い。

卓ごとに発表してもらおうと思っていたのに、何やら子ども達、すごいこと考えたみたい。

なので考えた本人に発表してもらいました。

 

6年生のさくらちゃん。

現状の安くておいしいプリンの他、高くて美味しいプリンを作ってそれも販売する。つまり粗利ミックス。

そして、その説明がなんとストラックⅡ!!!

これ、大人でもできないよ。それをMG3回目のさくらちゃんが、自分で考えて発表しちゃった!

次は5年生のただちかくん。

えっ、1万円のプリン!

そして、Fも自分のやり方で金額を出して、結果利益が4億、、、!!

 

さらに6年生のなおくんは、価格、販売数、原価が変わるとどうなるかのシュミレーションを自分でやって、それを発表。

えっ、ほんとに〜!!

 

決して子どものためのMGではないのです。

しかし結果として、子どもの発想に大人が敵わなかった ^^

他にありますか?って聞いても、大人はただただ3人の発表に感心するばかり。

見事なまでの3人三様の発表でした。

まさにこれが子ども達の発想を邪魔せず、才能を青天井に伸ばすってことなのですね。

 

そしてゲームの優勝はさくらちゃん。

だからMG3回目で自己資本506だなんて。すごすぎ〜 ^^

グラフも正規分布したということは、とてもいいMGになったということ。

 

感想文にも

「Pを上げるというのは思ったけれど、Pを1万円にするのは、さすがに思いつかなかった」

「大人がいかに狭いところで考えているか、思考に制限をかけているかに気付かされました」

 

今回は子ども達からとっても学ばせていただきました。

いろいろできる、試せる、否定されない。子どもだけじゃなくて大人も。
そんなMGの場が、考える環境となる訳ですね。

 

私もとってもうれしいMGになりました ^^

こりゃ保存版だね ^^

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - petit-happy collections, MG、TOCのこと