今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

#943 お疲れさま会はスペインバスク料理

      2018/12/31

忘年会というよりは、お疲れさま会。
今年を振り返りねぎらいつつも、やはりするのは未来の話。

今年は靭公園近くのエチョラさんで。

 

まずはピンチョス。かぶのスープと豚の皮がパリパリに揚げてある上に生ハムやら。

 

そして阿波産カンパチのマリネ。

身が厚く、しっかり噛み応えがあり、下に敷かれたパプリカが甘くて美味しい〜 ^^

 

明石ダコとピルピルオイル。

ピルピルオイルって、タラのゼラチンのソースって言われたかな。可愛かね ^^

で、タコが柔らかくて、うまし ^^

 

シャラン鴨のごはんは、リゾット仕立て。鴨好きにとっては、たまらないおいしさでした。

 

 

 

明石産ヒラメの炭火焼、ドノスティア風。

表面の皮目はカリッと、中の身はふっくら〜。

 

ブラックアンガス牛カイノミの炭火焼。

シンプルなんだけど、旨味ジュワ〜。そして芽キャベツがこれまたいい添え物。

 

洋梨のコンポート。

これが濃厚バニラアイスといい、甘さ控えめ大人なコンポートで!

 

コーヒーと一緒に置かれたのは、ウシさん。ミルクポットです。

お口からじゃ〜 ^^

ぜーんぶ好きなものばっかりと思ったら、ちゃんと予約時点で
私の苦手なものを伝えていたのだとか ^^;

どおりで。

ってことは、私たちのために、お品書きを用意してくださったのね。

 

そんなサービス満点、おいしさ抜群のお食事をいただきながら
お疲れさまからの〜未来の計画を語り合ったのでした。

 

 

 

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - petit-happy collections, たまにはグルメ