今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

#749 究極のPOP広告

      2017/12/31

POP広告は「もの言わぬ店員」と言われています。

POP広告が、店員さんに変わって接客をしてくれるからです。しかも効果的!

 

おなじみ、たくらみベース近くの人気店「ましか」。先日テレビでも紹介されてました。

その前を通りかかると、何やら風になびいてるものが。

「空席あります」

 

はい、お見事!

まさに店員さんの代わりをしてくれてます。

お店の前を通るお客さんに向かって「席ありますよ〜、どうですか〜」と呼び込みしてくれて

さらに、お店に入ろうとするお客様にも「いらっしゃいませ〜」とごあいさつ。

すばらしいです。

あるとないとじゃ大違い。

わざわざドアを開けて「空いてますか〜」なんてしなくていいですから。
この行為をすることを嫌って、中が見えないお店には入り辛さを感じ、離脱するのは周知の事実。

だからこその「空席あります」

 

前日、他のお店を通りかかった時も、黒板POPに大きく書いてあるのを見ました。

やりましょう、飲食店さん!

やらなきゃ、もったいないですよっ^^

 

 

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - petit-happy collections, そそる店頭POP・黒板POP, 販促お役立ち, 食堂の看板おばちゃんへの道 ,