今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

#823 チョコレート作りは化学なのだ!^^

      2018/08/08

品川から一駅の大井町。いつものきゅりあんだけど、今回はMGではないんです。

はい、実は急遽参加を決めた「“ビーン・トゥ・バー チョコレート”の科学とショコラミルを使った調理実習」に参加してきました。

何やらレジュメが小難しい〜。。。
もう化学の世界。

まぁ、そう簡単にはいかないとは思っていたけど、深い深い、深すぎる〜〜〜 ^^;

分子の話まで。

これがわかってないと、ちゃんとしたチョコレートにはならないってことなんですね。

午前中2時間みっちり講義があり、そして午後はお楽しみの実習。

そう、あのxocolの君島さんが講師。なんというタイミングなんでしょう〜 ^^

まずは、産地によって味が異なることを知るために、焙煎したカカオ豆の殻をむいて中のカカオをパクリ。

今回はこの専用石臼を使って、カカオニブを擦り潰します。

ほら、下のとこからチョコがでてきました。それをペロッと。

丁寧に説明してくださる君島さん。

しかしチョコ作りは繊細です。常に温度と時間との格闘って感じ。

実は番外編でびっくりしたのが、このオーガニックのみかんピールとクランベール、パイナップルの芯のおいしいこと。

こんなおいしいのは、始めてです。それに本物のチョコをつけてたべたら、そりゃ間違いない ^^

で、板チョコはハートの型に。あまったピールやニブでニコちゃんにしました。

とにかくよくお話になる、佐藤先生 ^^

生チョコやホットカカオもいただき、脳みそから体中チョコ漬けになった1日でした。

簡単にチョコが作れそう(いや、作ったし)と思っていたけど、まだまだ甘かった。。。

でもこのタイミングで理論が学べ、チョコそのものを作るより、私はやっぱりこれをワークショップとして
たくさんの方に体験していただくほうがいいな。。。なんてたくらむのでした ^^

 

 

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - petit-happy collections, 学び、覚書, チョコレート工房への道