今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

冬季のゴム風船の取り扱い

      2017/10/07

寒い日が続いています。
福岡はお正月から雨、雷、雪、風・・・と、どしたん?ってなお天気です。

ゴム風船は天然ゴムでできているから、温度湿度の影響をモロうけてしまいます。

それで、あまりひどい時はストックルームのエアコンを24時間つけっぱなしにするのですが、
年末年始は、なんのためらいもなく(正直忘れてた叫び
エアコンを切っていました。

そうすると、ゴム風船は

かっちかち になりますあせる

というのは、大げさですが・・・やっぱりゴムだけに硬くなっちゃうんです。

バルーンアートとPOP広告でファン作り大作戦~スーパー風船先生・バルーンポップ得居~

冷たく~って、硬くなって・・・・・

でもご心配なく。
あったかい部屋に置いておくと、じわ~と柔らかくなるんです。

品質には問題ありませんので、柔らかくなってからご利用ください。

ただ、硬いまま膨らませてしまうと
一部柔らかくなったとこから、ぷにゅっと膨らんでしまうことがあります。

あわてて膨らませるのをやめても
一度ふくらんで柔らかくなったゴム風船は、次に膨らませる時は
その柔らかいところからまた膨らんでしまいます。

失敗経験者は語る・・・汗

おそらく、ネットショップでご注文くださったお客様へも
今の時期、冷たくて硬くなった風船が届くはずです。

同封のケアカードにも書いていますので、ご一読のうえ
しばらく暖かい部屋に置いて、ゴム風船が柔らかくなってからご利用くださいませ。

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

最新記事 by 得居 裕江 (全て見る)

 - 風船、バルーンアート, お知らせ、事務所便り, 昔のブログ 2011~2015