今日もご機嫌さん ^^

ちょぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長のブログ

*

バルーンアートで使う簡単重り

      2017/10/07

以前、こちらでふわふわバルーンにつける重りを紹介しました。

それはギフトなどに使われる、見せるタイプのもの。

今回は、見えないところに使っている重りを紹介いたします。

バルーンアートとPOP広告でファン作り大作戦~スーパー風船先生・バルーンポップ得居~

こちらは、先日のバルーンカフェで制作したもの。

両側の「ワ~イ」ってしてるのは、比較的しっかりしたベースを使って制作しています。
ベースはまたの機会に紹介します。

中の3個は、簡単な作りのため、重りも簡易的なものを使いました。

見えるかな~ ^^;
(もちろん見えない方がいいんですけど)

バルーンアートとPOP広告でファン作り大作戦~スーパー風船先生・バルーンポップ得居~

ありゃ、ちらっと見えちゃった。

それでは、公開します。

ジャジャンッ!

バルーンアートとPOP広告でファン作り大作戦~スーパー風船先生・バルーンポップ得居~

これは自作。

いろいろありますが、今回使用したのは
風船を二重にして、中に川砂を入れたものです。

よく水を入れた水重りも作って使いますが
砂の方が、小さくても重さがでるし
床にでんっと押し付けると底が平になって安定してくれます。

なんとなく安心感があるんですよね。

川砂は、ホームセンターできれいなものを購入。
天日で乾燥させて、除菌スプレーをシュ~~したもの。

そこらへんの砂をいれて、万一虫がにょろって出てきたらあせる
たまったもんじゃないですからね。

さらに、リングを取り付けています。

ここにリボンやら紐やら、時にはゴム風船を結びつけます。

でもゴム風船ですから、劣化してきたと思ったら
作り替えしないといけません。

同じ重さでたくさん用意しておくと、いざとなったら
継ぎ足すこともできる、便利グッズです。

 

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

最新記事 by 得居 裕江 (全て見る)

 - 風船、バルーンアート, 昔のブログ 2011~2013.3