今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やお仕事のことなど、日々を綴った社長ブログ

*

笑える装飾、トリオDEクリスマスツリーをバルーンで

      2021/04/15

会場装飾は、イベントのテーマを表現することが大切。

神戸のポートピアホテルで行なわれた企業様のクリスマスのイベントでは
12月なので「クリスマスで笑えるものを」とリクエストいただきました ^^;

テーマは「笑える未来に」。さすが関西でしょうか!?

そこで制作したのがツリー。

クリスマスツリー

高さ3メートルのトリオDEツリー。

アーチになっているんです ^^

P1210250

ツリーの反対側は、エントツにサンタが落ちる〜
あ〜れ〜という作品で

煙突を覗くと〜

P1210261

まっくろくろすけ?がいっぱい!

さらに翌日は場所を移動して、別会場の入り口へ。

こちらは吹き抜けでないので、天井にあたらないよう
ツリーの帽子をくねっと曲げています。
もちろん想定内 ^^

ちびっこも思わずびっくり笑顔になりました。

バルーン クリスマスツリー

唇ひっぱらんといて〜 ^^

他にも、こんなスマイリーのサンタとスノーマンも。
託児ルームでちびっ子のお世話です ^^

P1210203

パーティー会場も、たくさんのバルーンがぷかぷか。

P1210300

パーティーの演出は、実行委員の皆さま。

代表、面白すぎ〜〜 ^^

P1210315

ゲストを楽しませることに徹っしていらっしゃるお姿、
毎年、勉強させていただいております。

そんなクライアント様のお手伝いができて幸せです。
ありがとうございます!

2021.4まで運営のバルーンポップ「バルーンアート制作、風船活用事例」より転載。
The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。2020年11月、クラフトチョコレートのお店チョコロンブス開業。バルーンアートが得意なチョコレート職人 ^^

 - 風船、バルーンアート