今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、いろいろやってることなど、日々を綴った社長ブログ

*

#1,008 浮き沈み激しい今日この頃、応援してくれる方々のありがたさを感じる

      2019/11/16

融資担当の方と再度面談。

以前提出した事業計画で、売り上げが80%に下振れした場合を試算してみましたって。

これでも大丈夫ですか?(つまりは返済能力ってこと)

そっか、これが現実か。。。

いや、これだと3年もたないな。。。

※メキシコのソコヌスコの豆のサンプルをもらったよ。この海のすぐ近く。



かなり凹んだけど、そう、夢やロマンだけでは経営はできない。ソロバンが必要。続けられなきゃ意味がない。MGだとどうするか。。。

いろんな人にも相談。

銀行の担当者くんも、みなさんも、とっても応援してくださってる。あとは自分がどうしたいか。

Why? = なぜやるか?

全てはこの問いの答え。

いろんな方のアドバイスをもとに考えて、1/3縮小。これでどや!

設計士さんにも無理を言って、削減案での見積もりを急いで作ってもらって打ち合わせ。

今までいろんな案件をされてきたそうで、だから生みの苦しみはわかりますって。自分もできることはやりますから、となんともありがたいお言葉。

設計士さんの打ち合わせスペースから、インテリアパーツショップをパチリ。こんなイケてる設計会社さんです。

洗面も、この手洗いは一番安いタイプって、壁紙の落ち着いたトーンがなんとも素敵なのです。

そして銀行の担当くんとも数字を出してあーだこーだ。
他の方は売り上げ至上主義になってて、でも社長には強い想いがあるから、だから応援したいんです。そんな泣けることを言ってくださる。

前の支店長も今の支店長(先月変わられた)も、みなさん、応援してます、バレンタインはチョコロンブスに決まりだねって言ってるって。


あとはやるだけ ^^



The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - petit-happy collections, チョコレート工房への道