今日もご機嫌さん ^^

ちょぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長のブログ

*

#703 このレストランで食べることを決めてた理由

   

夕方18:33発の新幹線に乗っちゃえば、新大阪へは21時くらいの到着。お弁当かなにか買って新幹線の中で食べようか。

いやいや、せっかくだからホテルのレストランにしよう!そう決めて、やってきました Rutsubo Kitchin 肥後橋。

以前も一人でお邪魔した時、とても居心地がよく、なによりも美味しい ^^

 

まずワインはリースリング。さっぱりとしてやや甘みがあって、私好み ^^

そしてお気に入りのピクルス。
これが美味しい。野菜もこだわりの野菜のようで、程よいお酢かげんがばっちり。こんなおっきい人参食べるのは、ここだけね ^^

 

メニューを見ながら、本日のおすすめよりビーフシチューのオーブン焼きを頼んだら、なんと出てきたのが想像を超えていたし。

お肉の塊がどーん!

でもフォークでほろほろとほぐれるくらい柔らかく煮込んであって、マッシュルームの食感ともあって、しかも熱々。ん〜。。。

前もそうだったけど、きっとこんなん出てくるかな。。。を超えてるんですよ。

 

だけどやっぱりもう少し野菜が食べたいなと、店員さんに相談したら

メニューに載せてないけど、こんなんありますよって3種類を案内してくださいました。

その中からお浸しを。

いや〜、うれしいですね。わざわざお一人様の私のために、出してくださいました。(おそらく朝食用のかと)

奥には団体客もいらっしゃって賑やかなので、カウンターでいただいてましたが、店員さんともお話しして

21歳の若いお兄さんは、ドレッドヘア。これがなぜか清潔感あるし ^^
ヒップホップ好きが生じてこうなったとか。
面白い〜。

そんなこんなで会話も楽しみながら、とてもいい時間を過ごしたのでした。

美味しいお料理(一人でも大丈夫な量、飲み物)と、
会話(人・接客)と、
空間(今日はカウンター、居心地よろし)。

このワルツですね。

 

デザートをお腹いっぱいで諦めたのが、次繰です。

会社の忘年会、ここでもいいな〜。

 

 

 

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

最新記事 by 得居 裕江 (全て見る)

 - petit-happy collections, たまにはグルメ, 食堂の看板おばちゃんへの道