今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

#751 スペースワールドの粋な演出

   

北九州といえばスペースワールド、略してスペワ。

ついに本日をもって、閉園となります。

 

が!このCMがウケました。

しみじみと始まった想い出シーンから、突如、スタッフさん達がこぶしを突き上げてザ・ドリフターズのコント番組を彷彿とさせるこのセリフ。

いや〜、なんともポジティブ!^^

クラウドファンディングで花火の資金を集めたり、ロケットを100億(だったか?)で売りに出したり、最後まで話題を作って盛り上げられてました。

 

で、いよいよラスト!

動画の終わりにでたメッセージ。

まさかの〜!

以下、Yahoo!ニュースより


 

大みそかに閉園し、27年間の歴史に幕を閉じる北九州市の総合レジャーパーク「スペースワールド」が、ずっと忘れないでもらいたいという思いから、地球から417光年離れた小さな星の命名権を取得し「SPACE WORLD」と名付けたことが27日、分かった。PR事務局が発表した。

オーストラリア・クイーンズランド州で唯一、一般公開されている「スプリングブルック天文台」の星命名サービスにより獲得。地球から417光年、おうし座星群のGSC653:1366の星(白く見える5等星)が「SPACE WORLD」と名付けられた。

これにより同天文台において「SPACE WORLD」という名は永久に登録・保存されることになった。

同事務局は「閉園」ではなく、宇宙への「まさかの移転」と打ち出し「時々、思い出した時は空を見上げてください。
スペースワールドは、遠く離れた星となり、いつまでもいつまでも空の上で輝き続けます」としている。

最後のポスターも公開され、コピーは「またいつか、別の星で、会いましょう」。
星の命名により「私たちスペースワールドのスタッフは、地球を飛び立ち、この『SPACE WORLD』という星で、そこに住む子供たちを楽しませます」というストーリーで完結するとした。


 

 

なんて粋なラストの演出なんでしょう。

思えば、子どもが小さい頃、年間フリーパスを買って何度か遊びに来ました。

 

私、来世でスタートレックの乗務員になったら、スペースワールドに遊びに行きますから ^^

 

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - petit-happy collections