今日もご機嫌さん ^^

ちょぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

#768 名古屋のKIYAさんは、ベルギービールで人の集う場

      2018/01/25

名古屋の丸の内に昨年11月にオープンされた、BEER BOUTIQUE KIYAさんに行ってきました。

社長の三輪さんとは、OSMCつながりでMGなどでもご一緒した仲 ^^

そして、昨年私が「ベルギービール・アドバイザー」の認定を受けた、日本ベルギービール・プロフェッショナル協会の代表理事を務めていらっしゃいます。

 

お店に入ると、まぁ、しゃれとんしゃ〜 な空間。

左手は展示も兼ねた通路になっています。

そして小便小僧は、前のビルを解体している時にでてきたのだとか。探してもどこにもいなくて、最後の最後に見つかった小便小僧。ちゃーんとお水も流れます。縁起いいわ〜 ^^

ブラックの壁と木箱のディスプレイがなんとも ^^

壁一面にベルギービールがわんさかと。

そしてお店の奥にはカウンターがあり、タップが!
生が飲めるんですね〜 ^^

ベルギービールならでは!の、ビールと専用グラスも一緒にならんでます。

そして、木のキューブがショーカード代わりになってるんです。なるほど ^^
キューブを積み上げると、いい感じでリラックスしたリズム(動き)がでます。

入り口、つまり道路に面したところにはカウンターがあり、3つ椅子が並んでます。

真ん中のスペースは大きなテーブル。

つまりは、スタバのビール版なのですね。

昼過ぎにサラリーマンさんおふたりが、この窓辺の席に座ってビール片手にお話されてました。

かっちょいい!

そのかっちょいい空間にいい味をプラスしてるのが、照明。

ほら、ビール瓶を加工して手作り照明なんです。瓶の色が照明の色になってて、なんともいい雰囲気です ^^

さらに2階が素敵!

そう、フリースペースになっているんです。

グランドピアノが置かれ、壁にはKIYAさんの100年以上の歴史の数々。

そこには、ちょっとしたミーティングができる、おしゃれなテーブルイスのセットや、ゆったり系の椅子も。

その窓側半分は、会議机が並んだセミナールーム。

もう、ここ、なんでもできるじゃん!

 

ベルギービールでつながった多くの人たちが集まる場。

きっといろんな創発がおこるんでしょうね。

 

素敵でした!

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - petit-happy collections, 食堂の看板おばちゃんへの道