今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

期限付き出店では、限られたスペースできちんと商品をアピールできるか

   

場所:大阪市 / そそられ度:★

地下鉄の駅へと続く広いスペースに、数店のスィーツ屋さんが出店されてました。
展示台やショーケースを配置した、即席のショップです。

2016-03-11 15.32.35

お客様へ何を販売しているか、まず商品を知っていただくために
商品の写真などを入れて、全面に貼ってアピールされてます。

でも、実はお店の前に人が立ってしまうと、それを隠してしまいます。
しょうがないけど ^^;

でも写真にあるように、こちらのお店では、上の部分をうまく使っていらっしゃる!

一番右のお店のように「京都限定 焼モンブラン」な具合に。遠くからでもばっちり ^^

 

こっちも通りに面したテナントショップだけど、かなりオープンな作りで
行列ができてます。

2016-03-11 15.36.17

お店の前に行列作っても、奥の壁面に大きく商品が紹介してあるので
なんのお店かちゃんとわかるんですよね。

意外と、これ大切 ^^
機会損失にならないようにね。

 

まとめ

お店の前に人が立っても、何やさんか、何の商品を販売しているのかわかるよう
死角にならない場所にも商品のアピールを忘れずに。

 

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - そそる店頭ディスプレイ