今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

その黒板POP、ちゃんとお仕事してますか?

      2016/01/28

パン屋さんの入口のすぐ前に置いてあった黒板POP。
残念ながら、お客さまはチラ見はされても、「見る」「読む」ことはないでしょう。

P1250797

問題ポイントを書いてみます。

1、文字の量が多くごちゃごちゃしている

2、小さい文字で文章になっている

3、白一色だしどこからどう読んだらいいのか

4、お昼の時間帯、黒板が反射してそもそも見ずらい

さて、それではどのように改善したらいいのでしょうか ^^?

 

黒板POPは、一瞬で内容がわかるものでないと意味がありません

お客さまは、わざわざ立ち止まってはくれません。
チラ見で内容がわかり、興味を持っていただくことが目的です。

店名は、そのお店の前に置くものですから、必要ないっちゃないですね ^^;

商品説明は文章ではなく、短く簡潔に伝えたいことを書きましょう

こちらの場合
人気no.1 やまぶどうパン 1本580円+税 1/2 290円+税

私だったら、そのだらだら文章を

なんとパンの半分が山ぶどう。この断面をご覧あれ〜 ^^

さらにパンの断面の写真をつけます。これがまたアイキャッチとなる訳です。

もう1つのほうです。
新商品 パン・ド・ロデウ 300円+税

自家製酵母を使った、外はパリッ、中はしっとりの食事パン

ちょっとあきりたりですね。ここは、もっとウリを考えないと ^^

 

書く内容が決まったら、次はレイアウト。

優先順位を決め、文字の大きさ・色に変化をつけて

写真では、人気No.1と新商品が埋もれてしまってます。
普通で考えると、横書きならば「人気No.1」の次に商品名が欲しいところ。
吹き出しも、頭につけた方が自然です。

商品名、コピー、価格とそれぞれの要素で大きさ色を変え、うまく吹き出しやイラストを活用すると、ぐっと「チラ見」しただけでわかるものになります ^^

詳しい説明は店内で、ショーカードに書きましょうね ^^

それにしても、パンはとっても美味しいのです ^^

20160114142638

 

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - 勝手に改善提案