今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

#839 bean to bar chocolateのgreenに行ってきたよ

      2018/08/08

東京に次いで2店舗目となる博多のgreenのチョコレート工場兼ショップ

天神の、三越からちょっと行ったとこにあります。

日曜日のお昼を回っていたこの時間帯は、カフェスペースはいっぱい ^^

まずはお店に入ってすぐのショップコーナーでbean to bar chocolateを選びます。

ホンジュラスはないな〜。中南米系があまりない中、マダカスカル産を発見。
まだいただいたことないから、これにしましょう。

そして、せっかくなのでショーケースのイケてるスイーツが並んでるなかで
ビーントゥーバー プリンとテイスティングのセットを。ココアと焼き菓子です。

工房がガラス張りで、それを見ることができるようにカウンター席があります。

お兄さん、せっせとカカオ豆の選別をされてます。

そのお隣は、コンチングの大きな機械が動いてます。

後ろがきっとローストの機械ね。

店内もおされ。

細長いお店の奥はワークショップコーナーになってて、そこはクローズになってます。

少し時間がたったら一気にお客さんが帰って、見通しがよくなりました。

カウンターからショップ側がこんな感じ。

さて、買って帰ったマダガスカル産のチョコ。

つるんとしてますね ^^
後でわかったけど、このタイプ、ニブ入りがあったみたい。次回はそっちにしてみよう。

1枚55g 1620円なり〜。

ということは、3×6で18カケあるから、1カケ90円なり〜 ^^

ちなみに奥にあるマーブルなのは、私の失敗作 ^^;

お店で普通に販売されてるチョコレートは、インスタントコーヒー。いつでもどこでも手ごろな価格で買えて、誰でもおいしくいただけるもの。

それに対し、このbean to bar チョコレートは、数年前からでてきたスペシャリティーコーヒーと同じで、産地(しかもブレンドしないシングルオリジン)にこだわったコーヒー。
つまり余計なものを一切入れない本物のチョコレートなんですね。

そりゃ価格も高くなるわけで、でも安心安全、そして味を楽しめる、これが魅力ですね。

 

今回のチョコをいただいて、また1つアイデアが。うふっ ^^

 

 

 

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - petit-happy collections, チョコレート工房への道