今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

#913 チョコレート工場見学

      2018/11/23

せっかく広島に来たのだからと、リムジンバスに乗って広島空港へ。

ここの3階に、Foo CHOCOLATERSさんのチョコレート工場があります。

少し奥まったところに、どっか〜ん。ガラス張りになってて、ぐるっと一周すると、カカオからチョコレートになる過程が見れるのです。

 

それではレッツゴー!

まずは機関車みたいなかっこいいロースター。
焙煎機です。コーヒーロースターでしょう。ドイツのだとか。新車のクラウンが買えるとか。500万?もっとです、って ^^;;;

焙煎したカカオ豆を砕くマシン。

砕いたカカオ豆の皮と実(ニブ)に風選するマシン。韓国製ですね。

でた、これが噂の ^^; 搾油機。オイルをしぼるマシンです。
カカオだけじゃなくて、カシューナッツにも使うのだとか。

でかい!メランジャーとコンチングをするマシーン。

3台ありました。アメリカ製だって。

壁にはたくさんの仕掛品のストック。

やっぱりバレンタインなのですね。

 

そしてあちらにはテンパリングマシン。

これもそれぞれ種類別に使われてるので3台が稼働してました。

真ん中の作業台で、型に入れたり外したりするみたいです。

ちょうど型についたチョコを剥ぎ取ったりする作業をされてました。

こちらは女性だけの工場。

ユニフォームも奄美大島だったっけかの方がデザインして染色されたものだとか。

帽子もスニーカーも皆お揃いです。えらい凝りようです。

冷蔵庫もどーん。

さらに室温が低い部屋で、もくもくとされてるのがパッケージ作業。

寒そう〜。いっぱい着こまれてました。

そしてぐるっと一周してくるとカフェカウンターになってて、飲食やらチョコ販売やらされてます。

おされだ。

初期費用、設備投資にいったい何千万かかったんでしょうか。。。。

第1期創業MGで大型機械購入からのパターンですね ^^
こちらは今年開業されたということで、今後が楽しみです。

 

以上、レポートでした ^^

とっても参考になりました。

 

 

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - petit-happy collections, チョコレート工房への道