今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、いろいろやってることなど、日々を綴った社長ブログ

*

お店しますよ〜

      2020/07/27

一緒にやってるスタッフさんのことを書きましたが、やはり彼女がいてのチョコロンブス。そしてバルーンポップジャパン。感謝のしようがありません。

お店をやることを決めたのですから、カフェで提供するカフェラテができないと。

非常事態宣言が解除され、福岡のフスクコーヒーのフスクさんにきていただいて、エスプレッソのレクチャーをしていただきました。
4年前に、お友達の大一電化さんからエスプレッソマシンとグラインダーを購入。その時に指導してもらってから、1日2杯のペースで挿れてたカフェラテ。まぁまぁいいんじゃないって思ってたのが、同じマシン、同じ豆、同じ牛乳なのに、フスクさんが作ったカフェラテがムッチャ美味しい。あちゃー、と軽くショックをうけ、一から勉強。

グラインダーの調整から、豆の量、抽出時間、ミルクフォームまで、とにかく濃い学びになりました。これでマシンも活躍できる〜 ^^

それからは、毎日特訓。1杯に牛乳200ml使うので、毎日牛乳の買い出しです ^^

工事担当者さんとも、再度現地で打ち合わせ。

7月の4連休の前にオープンはできたらいいな ^^

ひさ〜しぶりに博多に行き、以前からパッケージや陳列をチェックしていたお店に行ったり、ビーントゥーバーのお店とか行って市場調査したり。。。

そしたら、テナントオーナーさんから、道路沿いの看板がちょうど更新しないといけないので、これを早くやってほしいと。
なんでも、北九州市に届出が必要で、管理料を支払わないといけないのだとか (T_T)

ということで、急遽重大な看板デザイン。これがまた悪戦苦闘。
一旦今のロゴで提出して色校正にはいり、現地でこんな風にして色を決めたものの。。。

どうもすっきりせず。。。再度デザインやり直し。
最終4案にしぼったけど、どうももやもや。いろんな人の意見を聞きつつ、自分もできるだけ固定概念を外して。

で、結局チョコロンブスをカタカナ表記に。自分で板チョコらしいフォントを作りました!

そして、雨続きの合間の先日、7月16日に看板工事の日を迎えました。

いてもたってもいられず、10時〜16時までに完了させますってことだったので、10時過ぎにいくと。。。誰もいらっしゃらない。。。

午後の打ち合わせの後に行ってみると

キャ〜、工事されてる〜

わー、チョコロンブスのロゴ、見えた〜〜〜!!!!!

もう感動ものです。

「こんにちはー、お世話になります〜」と大声で叫んで、振り向いてもらったら、その看板私がお願いしたんですって、看板と私を何度も指差しながらゼスチャー ^^

いったん会社に戻ったら、しばらくして終わりましたの連絡をいただき、スタッフさんと二人で取り付けられた看板を見に行きました。

ビフォ〜、アフタ〜 ^^

ペコちゃんの赤ほど目立ちはしませんが、こんな大きな看板が着いたというのは感無量。ついに!いよいよ!な気持ちです。

きっと、この看板見た人たちはザワついてるはず ^^; うふふ。

まだテナント契約してないのは、よしとしましょう ^^

思い返すと、人々がステイホームしている期間も、1日も休まず(心も休めず)。。。

当初カフェやチョコ一緒にやるといって全国カフェ巡りや研修したスタッフさんは去り、その代わりに自律的なスタッフさんがきて。。。

いろんな気持ちの整理がつかず、心配だけは常にあって。。。
コロナ禍でもうちは危機管理していたから大丈夫とか、うちは別に影響受けてないとか言う人をみると、はぁ〜と落ち込んだりもしました。

でも今はやるしかない。

どうせダメになるなら、最後に好きなことを思いっきりやって、それでもダメならきっぱりと諦めようと思えるようになりました。

しかしそのためには、「辞める」ことが必要になります。

つづく ^^

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - チョコレート工房への道