今日もご機嫌さん ^^

ちょっぴりハッピーな出来事やバルーンアートのお仕事、たくらみ屋のこと、MGのことなど、日々を綴った社長ブログ

*

#344 120年の歴史ある染物屋さん

      2017/10/14

f:id:petit-happy:20160124224843j:plain

仙台市永勘染工場様へ見学に伺いました ^^

歴史ありそうな看板と、さすがインパクトのある大きなのれんが目を引きます。

店長の永野さんが迎えてくださいました。

打ち合わせにも使われる、お客様スペース。
製品見本を見たり、生地の色を確かめたり。

f:id:petit-happy:20160124224842j:plain

染めの工場の入口は赤いのれんです。

f:id:petit-happy:20160124224844j:plain

おぉ〜、土間の工場と若い女性の職人さん。

f:id:petit-happy:20160124224846j:plain

あとは、なんだかアートなのです ^^

もうワクワク♪

f:id:petit-happy:20160124224845j:plain

f:id:petit-happy:20160124224847j:plain

f:id:petit-happy:20160124224848j:plain

f:id:petit-happy:20160124224849j:plain

商品としては、のれん、前掛け、はっぴのほか手ぬぐいなど、一つ一つ染めて縫製して作られます。

プリントと違って、染物だと生地に浸透して裏まで図柄がでるというのが特徴ですね。あとは、のれんや前掛けなど経年による味わいがあるということ。

こちらは若い職人さんばかりだし、きっとこれからは世界中にいい製品を届けられることになるんだろうな、と思ったのでした ^^

The following two tabs change content below.
島根県生まれ、福岡県北九州市在住。1992年からPOP広告の企画制作指導を行ううちに、アイキャッチ率の非常に高い風船に注目。2000年にバルーンアートをメイン事業としたバルーンポップを創業。好きな物:スタートレック、カプチーノ、城戸ワイン、文旦、感性刺激ツアー。夢は自社ビル持って、1Fカフェ食堂の看板おばちゃんになること ^^

 - petit-happy collections